いま注目の一人!パラグライダーの国際大会に出場するモデル!

パラグライダーって存在自体は知ってるけどスポーツなの? そもそも何をするものなの?そんな読者の方も多いのではないのでしょうか?そんなパラグライダーの国際大会に出場するモデルがいます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

世界でポピュラーなスカイスポーツ『パラグライダー』

パラグライダーって存在自体は知ってるけどスポーツなの?

そもそも何をするものなの?そんな読者の方も多いのではないのでしょうか?

 

そもそもパラグライダーって何なの?

パラグライダーの歴史

フランスのスカイダイビング愛好者が、山の斜面からパラシュートで飛び立ったのが起源とされています。その後、アルプス周辺の国々から世界中に広まり、10年後には国際的にも人気のスカイスポーツになりました。

JHFの技能証所有者は約52,000名。体験会の参加も含めるとその数倍の体験者がいると見られます。

引用:公益社団法人 日本ハング・パラグライディング連盟

 

パラグライダーのスポーツ競技としての主な種目

パラグライダー

ここでは、エキスパート向けの競技を中心に、ご紹介していきたいと思います。

引用:パラグライダー スクール グランボレ「パラグライダーの競技とは?」

スピードレース

エキスパート向けのパラグライダー競技会の多くはこのレース形式(スピードレース)での開催となり、大会主催者がその日のコンディションにより設定するタスク(フライトするコース)をパラグライダーでいかに早く飛んでゴールするかを競います。大規模な国際大会では1日のフライト距離が 80km 以上となるようなタスクがくまれ、競技者は一斉にいち早いゴールを目指してフライトをします。そして、複数日開催される大会期間の各タスクの総合順位で優勝者が決定します。

クロスカントリー

こちらもエキスパート向けの競技で、大会期間中、離陸地点からパラグライダーでどれだけ遠くに飛んだかを競う競技です。気候や地形等を読み熱上昇風を渡りながらパラグライダーで飛び続け、直線距離で一番長い距離をフライトできたパイロットが勝者となります。オーストラリアやマニラ等で行われるこのパラグライダー競技の国際大会では、400km を超える距離を飛び最大飛行距離が争われます。

アクロバティック

アクロバット専用のパラグライダーを利用し、スピンやループをはじめとするさまざまなトリックをしながらその技と精度を競う競技です。日本国内ではまだ正式な競技として行われていませんが、世界大会の盛り上がりと世界でのアクロバットを目指すフライヤーが大幅に増えた影響で大きな注目を集めています。繊細なグライダー操作とパラググライダーの挙動をしりつくしたエキスパートのみが出来る競技です。

アキュラシー

パラグライダーではランディングの精度を争うターゲット競技のルールを標準化して、改めてアキュラシーと呼ばれるようになりました。JHFではアキュラシージャパンリーグを設けポイントランキングを争い、JPAでもアキュラシーランディングと称し独自の大会を行っておりリーグ戦もスタートしています。

世界的には2000年、FAIのCIVLにて既に公式に認めらた競技種目とされ、本年(2007年)2月リトアニアにて第4回の世界大会が行われています。

 

世界中で国際大会が開催!オリンピック種目になる可能性も!?

パラグライダー

2008年から新たな取り組みとして、アジアオリンピック評議会、日本オリンピック委員会と連携しオリンピックの正式競技種目に向けての働き掛けが進られているパラグライダー。

競技会としては国民体育大会の競技種目としてや日本オリンピック委員会アジアオリンピック評議会が主催する国際総合競技大会 / アジアビーチ競技大会の競技種目として行われるもの、JHFが主催し日本航空協会公認記録として記録されるジャパンリーグ、スポーツグライダーシリーズ など公式大会があります。

引用:Wikipedia『パラグライダー』より

 

5月12日から5日間マレーシアにて国際大会が開催!

パラグライダー国際大会

パラグライダー国際大会 in マレーシア公式Facebookページ

そんなパラグライダーですが、今月5月12日~16日の5日間、マレーシアにて国際大会が開催されます!
そんな大会にLIVRIの体験レポートでもよく登場してもらっているモデルのGaruchanが出場します。

パラグライダーを開始して4カ月足らずで異例の国際大会出場!

Garuchan

LIVRIでも体験レポート記事をいくつか書いてくれているモデルのGaruchan

今年に入って本格的にパラグライダーに目覚めたそうで、そこから猛特訓を重ね、今回のアキュラシー種目での国際大会出場となったとのこと。

異色のモデルが参加するとあって、現地の海外メディアも注目されているようです。

Japanese model set to soar during T’ganu Int’l Paragliding Competition

現地の新聞にも掲載されるなど海外で注目を集めています。

garuchan

 

パラグライダー歴4カ月で国際大会で入賞の快挙なるか!?

FLYING GARUCHAN

Garuchanはモデル、企業のPR支援を行うKURIKINTON LLCの代表として活動を傍ら

毎週4日以上の練習に取り組み、自ら公式サイト『FLYING GARUCHAN』を立ち上げるなどパラグライダーへの取り組みPRにも積極的。

FLYING GARUCHAN公式ページ:http://flyinggaruchan.com/

そんな彼女の目標は世界1位になることだそうです!

パラグライダーで世界1位を目指すモデル

Garuchan

これからも、海外で活躍するGARUCHANに注目していきたいと思います!

GARUCHANへの取材はこちらから

 

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです