実は1000年以上の歴史を持つ伝統料理!香川で味わう讃岐うどんの美味しいお店10選

食通の方であれば五島・稲庭とくれば、次は讃岐だと直感でわかる方も多いのではないでしょうか。 讃岐うどんの歴史は当時の唐に入国した、讃岐生まれの空海上人が806年に日本に持ち帰った製法に由来すると考えられています。 そこで今回は日本の三大うどんのひとつである、讃岐うどんが美味しい香川のお店を10店舗ご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

山越うどん

山越うどん

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/37000080/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.yamagoeudon.com/

その食感と水質の良さに多くのファンがいるのは綾川町にある山越うどんです。
綾川町には質の良い水が多く流れる名水の地として知られており、立地としては申し分ありません。
また、やや太めといううどんの食感は、ほどよい噛み心地で満足感を与えてくれます。

 

谷川米穀店

谷川米穀店

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370302/37000011/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.tanikawa-udon.jp/

こちらの谷川米穀店さんの最大の特長は、何と出汁がないということ。
汁なし担担麺のような濃い味の味噌をうどんに少量のせ、混ぜて頂くスタイルを採用しています。
売れ切れ次第終了という事で長蛇の列が早い時間帯から出来るのも納得です。

 

西端手打 上戸

西端手打 上戸

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3703/A370301/37000152/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://jotoudon.com/

続いてご紹介するのは箕浦駅降車後すぐのところにある西端手打 上戸さん。
人気店でありながらも6時という早朝から営業されていることもあり、「朝うどん」を食される方も多いのだとか。

 

田村

田村

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/37000077/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.my-kagawa.jp/udon/detail.php?id=64

綾川町のことでん陶駅から車で10分ほどのところにあるのが田村さんです。
こちらは丼にこれでもかと盛られたうどんの多さで有名なお店で、がっつり讃岐うどんを味わいたい方にオススメのお店。
他店の多くが豪州産小麦を使用しているのに対し、田村さんでは讃岐のブランド小麦を使用されている点も魅力です。

 

一福

一福

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37001209/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.udon-ippuku.com/

JR端岡駅から徒歩10分のところに店を構えるのが一福さん。
讃岐は中太麺から太麺が主流のようですが、こちらのうどんは他店にもまれな細麺を採用。
ツルっとしたのどごしを堪能することが出来ると人気になっています。

 

日の出製麺所

日の出製麺所

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3702/A370201/37000016/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.hinode.net/

続いてご紹介するのは富士見町にある日の出製麺所さんです。
飲食店のレビューサイトで、讃岐うどんの名店として常に上位を勝ち取っているという名店。
昭和5年の創業という老舗でありながら、開店時間はお昼間の60分間だけという点もうどんマニアの好奇心をくすぐっているようです。

 

うどんバカ一代

うどんバカ一代

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000242/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://www.udonbakaichidai.co.jp/

多賀町の花園駅より徒歩で5分ほどのところにある、変わり種うどんのお店がうどんバカ一代さん。
何が変わっているのかというとチャレンジスピリット溢れるそのメニューです。
特に名物であるという、釜揚げバターうどんは小麦の香ばしさにバターとコショウがピリッと効いて斬新な味を生み出しているのだとか。

 

さぬき麺児

さぬき麺児

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37007084/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37007084/

ことでん六万寺駅を降車後すぐのところにあるのがさぬき麺児。
現代風のアレンジ讃岐ではなく、噛みごたえや手作り感重視の手切り麺が伝統を感じさせてくれるのだそう。
次の世代に残せるようなうどん作りを絶えず行っているという強い思いにも感服です。

 

よしや

よしや

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3702/A370202/37004606/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://udonyoshiya.blog10.fc2.com/

続いてご紹介するのは丸亀市の飯野町にあるよしやさんです。
讃岐富士とも形容される飯野山の麓にあって、美しい河川に保証された水で製麺されているお店。
麺・出汁問わずすべてを手作業で行っていらっしゃるという「純手打ち」のお店です。

 

宝山亭

宝山亭

出典:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000223/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://tabelog.com/kagawa/A3701/A370101/37000223/#title-rstdata

最後にご紹介するのは香南町の県道13号線沿いにある宝山亭。
こちらの名物は丼からはみ出てしまうのではないかという程の、大きなお揚げの載ったきつねうどんです。
おばけうどんと地元の方からも愛されているお店で、昼前から多くのお客さんで賑わっているのだそうです。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです