懐かしい味から最新の創作料理まで!関西のオムライス生誕の心斎橋にある洋食店10選

明治から大正にかけて考案されたというオムライス。 現在では、その味と可愛らしい見た目に心を奪われる外国人が続出しているといいます。 そこで今回はオムライスの2大発祥地のひとつとして名高い心斎橋で、美味しいオムライスを提供しているお店を10店舗ご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

洋食の欧風軒

洋食の欧風軒

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27053263/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27053263/dtlphotolst/1/smp2/#title-rstdata

最初にご紹介するのは心斎橋駅の隣、長堀橋駅にある洋食の欧風軒。
こちらでは通常のものと、ふわふわ卵が布団のように乗せられたものの2タイプが販売されていることで知られています。
ふわふわバージョンの方はハムやトマト、ズッキーニが入ったイタリアンなオムライスになっています。

 

ポムの樹

ポムの樹

出典:http://mondbar.blog.fc2.com/blog-entry-2200.html
店舗リンク:http://www.pomunoki.com/

難波駅から直結の地下街にあるこちらのお店が、ポムの樹の難波店。
幾度となくメディアで特集されていることからオムライスチェーンの中でも断トツの知名度を誇ります。
その安定した味は去ることながら、ssサイズなども用意されているサイズ展開も魅力です。

 

浪花オムライス

浪花オムライス

出典:http://tabelog.com/osaka/A2702/A270201/27057271/dtlphotolst/P17971772/
店舗リンク:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27057271/dtlrvwlst/52092302/#title-rstdata

心斎橋にある浪花オムライスさんは、店名からも大阪人のソウルが伝わってきそうなお店です。
しっかり味付けされたチキンライスを包んだふわトロ卵の隣には、噛めば噛むほど味が染み出る煮込み牛スジをトッピング。
満腹中枢を刺激するには十分すぎるほどの濃厚さが売りです。

 

一夢庵

一夢庵

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27057200/dtlrvwlst/2741564/
店舗リンク:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27057200/dtlrvwlst/2741564/#title-rstdata

続いてご紹介するのは心斎橋駅から降車後すぐのところにある一夢庵。
丁度良い焼き目だという卵の上からかけられるのは、ケチャップではなくデミグラスソース。
チキンライスに使用された鶏肉は食べごたえのあるように、大きめにカットされているとのことです。

 

ピッコロ

ピッコロ

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270202/27011550/dtlrvwlst
店舗リンク:http://www.piccolo.ne.jp/index.html

難波駅近くの地下街、なんばウォーク内に店を構えるのがピッコロさん。
店の外観からも伝わってくるレトロな店内に用意されているのは、なんと9席のみ。
オムライスの方は、カレーハンバーグオムライスという子供心を擽るテイストを守られています。

 

甑

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27050355/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27050355/#title-rstdata

心斎橋駅の近くにあるこちらのお店は、甑と書いて「こしき」と読むお店です。
ワンコインで頂けるという驚きの値段設定にもかかわらず、サイズも大きめで素麺やお味噌汁までついてくるというサービスっぷり。
プラス100円でカレーソースやホワイトソースなどを加えられ、味にアクセントをつけられるのも魅力。

 

ムグニ

ムグニ

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27014566/dtlrvwlst/48833698/
店舗リンク:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27014566/dtlrvwlst/48833698/#title-rstdata

続いてご紹介するムグニさんは西心斎橋にある西欧料理店。
中でも人気だというオムライスは、甘みの強いフルーツトマトを使用したソースとゴルゴンゾーラチーズを溶かしたドルチェソースで鮮やかな2色に彩られます。
唯一無二のWソースで従来のオムライスへのイメージを覆してくれそうなお店です。

 

ほんまもん屋

ほんまもん屋

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270106/27014540/dtlrvwlst/3108077/
店舗リンク:http://huat.jp/honmamon/

続いてご紹介するのは靱公園横にあるほんまもん屋さん。
軽トラ屋台のため小型のガスコンロで調理されているのにもかかわらず、その味はとても屋台のものとは思えない上級者のそれなのだとか。
ケチャップなどのソースも一般的な市販モノでなく、しっかりと酸味の効いたソースが食欲を掻き立ててくれるのだそう。

 

明治軒

明治軒

出典:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270201/27001834/dtlphotolst/1/smp2/
店舗リンク:http://r.gnavi.co.jp/kafx900/

心斎橋で90年以上もの歴史を誇る老舗洋食店が明治軒さんです。
中でも創業以来のレシピを守り続けているというオムライスは、斬新な味を作る他店にも負けない根強い人気を誇ります。
固くもなく柔らかすぎることもないという絶妙な卵は、まさにシェフの努力の賜物だと言えるのではないでしょうか。

 

北極星

北極星

出典:(http://blog.goo.ne.jp/f1press/e/dc41f9f46766fbdd69628b63a1ab4a16
店舗リンク:http://hokkyokusei.jp/shoplist.html

最後にご紹介するのは関西におけるオムライスのパイオニア、北極星さんです。
パンヤの食堂(現 北極星)が1922年に開業してから、常連としていらっしゃる方に胃を弱くしている方がおり、その方はいつもオムレツと御飯を注文されていたそうです。
それを不憫に思った店主がケチャップでライスを炒めて卵で包んだものを常連さんに提供したところ大変喜ばれ、その瞬間から誕生したのが現在のオムライスであると言われています。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです