新たなカツ丼のカタチ!?ソースカツ丼発祥の福井県で人気の新ご当地グルメ3選

カツ丼と言えば、揚げた後割り下で調理した豚をご飯の上にのせた、日本の丼を象徴するような料理ですよね。 そんな中、福井県で生まれた新たなカツ丼「ソースカツ丼」は今や全国的に有名になっています。 そこで今回はソースカツ丼発祥の福井県で、新たに人気になっているご当地グルメを3つご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ボルガライス(越前市)

ボルガライス(越前市)

出典:http://girlschannel.net/comment/550589/30

最初にご紹介するのは越前市発祥のボルガライスです。通常のオムライスの上にカツを乗せてソースをかけるという、大食漢にはたまらないガッツリ系メニュー。オムライスの中身はチャーハンやピラフになったりと、出されるお店によって異なるのだとか。

 

さばのへしこ(美浜町)

さばのへしこ(美浜町)

出典:http://www.tamuracho.co.jp/list/?Cd=10

続いてお勧めするのは福井県の名産品としても有名な「へしこ」です。へしことは越冬のための保存食として魚を塩漬け・糠漬けにしたもの。昨今の郷土料理ブームによって、知名度も全国的なものになってきています。

 

三國バーガー(三国町)

三國バーガー(三国町)

出典:http://www.fuku-e.com/190_local_gourmet/04.php

最後にご紹介するのは坂井市三国町発祥の三國バーガー。なんとこのバーガーにはピクルスの代用として特産品でもある「らっきょう」を使用。牛肉も福井県産のものを使用しており、まさに地産地消のご当地グルメと言えます。

海が近く海産物も料理のアイデアも豊かな福井県。北陸新幹線で盛り上がるいまだからこそ、一度は足を運びたい場所ですよね。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです