シメはおじやでもOK!都内でいま人気急上昇中のつけ麺の名店3選

ラーメン界においての新星と言えば、濃いスープに麺を浸して食べるつけ麺。 都内ではつけ麺の元祖である大勝軒をはじめ、多くの店がつけ麺に対応してきています。 そこで今回は都内で人気急上昇中のつけ麺のお店を3つご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

六厘舎(丸の内)

六厘舎(丸の内)

出典:https://retty.me/area/PRE13/ARE2/SUB202/100000003771/photos/?kind=2
六厘舎(丸の内) : http://rokurinsha.com/

最初にご紹介するのは丸の内にある六厘舎(ろくりんしゃ)。東京でも一・二位を争う有名店で、店外には常に行列があるそうです。豚骨や鶏がらなどから取れる動物系の超濃厚つけだれが病み付きになるのだとか。

 

づゅる麺池田(目黒)

づゅる麺池田(目黒)

出典:https://retty.me/area/PRE13/ARE7/SUB704/100000004594/photos/
づゅる麺池田(目黒) : http://bar-ikeda.seesaa.net/

続いては目黒に店舗を構える「づゅる麺池田」さん。こちらのつけダレは主に魚介系の出汁から取っており後味は意外とさっぱり。麺は国産小麦を使用しており、しこしこした食感を楽しめます。

 

塩つけ麺 灯花(荒木町)

塩つけ麺 灯花(荒木町)

出典:https://retty.me/area/PRE13/ARE6/SUB603/100000709093/photos/?kind=&page=2
塩つけ麺 灯花(荒木町) :http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13143559/

最後にご紹介するのは塩つけ麺で知られる「灯花」。見た目にも美しい半透明なつけダレは年を取るごとに食べたくなるという爽やかな風味。シメのスープ割とお茶漬けも、食べやすくあっさりとしているのでオススメなのだとか。

スープが残ったら最後はご飯を入れておじや風に食べるのも美味しいつけ麺。つけ麺というのぼりを見かけたら、一度立ち寄ってみるのも新しいラーメンを再発見できるのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーター。サービスを通じて新しい発見を提供します

こちらの記事もおすすめです