適量なら生活習慣病の予防にも!都内で様々な日本酒を楽しめる日本酒バー3選

和食が世界文化遺産に登録されたことから、料理だけでなく日本酒をはじめとした「SAKE」にも注目され始めました。 都内ではそんなブームの追い風も受け、様々な「日本酒バー」が開店しています。 そこで今回は、若い方も都内で楽しめる「日本酒バー」を3店ご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

庫裏(銀座)

庫裏(銀座)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13016562/dtlphotolst/4/smp2/
庫裏(銀座):http://www7a.biglobe.ne.jp/~kurisake/

最初にご紹介するのは銀座の隠れた人気店「庫裏(くり)」。庫裏さんには辛口コースから色々コース、旨口コースまで3つのコースが用意されている為、メニューに迷ってしまうという方にもオススメ。

 

かんだ光壽(神田)

かんだ光壽(神田)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1310/
かんだ光壽(神田):https://pocket-concierge.jp/restaurants/

続いては和食の名店が揃う神田にある「かんだ光壽」。こちらでは蔵元さんがこの店のために造酒した「オリジナル日本酒」を飲むことが出来るとあって、全国の日本酒好きが集まります。神田で営業しているだけあり、日本酒を一際引き立てる一品料理もゼッピンだと人気です。

 

酒縁川島(武蔵小山)

.酒縁川島(武蔵小山)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1317/
.酒縁川島(武蔵小山):http://www.netlaputa.ne.jp/~help/242/242.html

最後にご紹介するのは武蔵小山に店舗を構えている「酒縁川島」さんです。酒縁川島さんは、わずか10人ほどで満席になってしまう様な隠れ家バーなのですが、揃う品物はいずれも高レベル。さらに店員さんの知識量はかなりのものでコメの種類はもちろんの事、造酒方法や酒の特徴、蔵元さんの人生観なども語っていただけるそうです。普段飲んでいる日本酒に新たな情報が加わると、さらに奥深い味を感じることが出来るかもしれませんよ。

適度の量であれば胃を丈夫にしたり「生活習慣病」を予防したりと、健康にも効果的であるとされている日本酒。若いからと敬遠がちだったという方も、今から少しずつ嗜むのも良いのではないでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです