いまや世界の「WASHOKU」!海外からも熱視線な都内の懐石料亭3選

一昨年にユネスコ「無形文化遺産」に登録されて以来、注目を浴び続けている和食。 都内でも続々と和食を取り扱うお店が開店しています。 そこで今回は都内にある人気懐石料亭を3店舗ご紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

うるわし(神田)

うるわし(神田)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/
うるわし(神田):http://www.kitaohji.co.jp/kandauruwashi/

最初にご紹介するのは、今年で創業25年になる神田の「うるわし」。旬の素材を最もおいしい方法で頂けると評判なのですが、今の季節もっとも人気なのは大分産のふぐ。毎日空輸で直送されてくるため新鮮な味をいつでも堪能できます。

 

三田ばさら(三田)

三田ばさら(三田)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131402st/
三田ばさら(三田):http://www.mita-basara.com/

続いては慶応義塾大学から東京タワー方面に向かって歩いて行ったところにある「三田ばさら」です。こちらで人気となっているのは、海外でも人気なすき焼き。中でもいまブームになっている「トマトすき焼き」は絶品だと評判。

 

志(銀座)

志(銀座)

出典:http://tabelog.com/tokyo/A1301
志(銀座):http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13171984/

最後にご紹介するのはJR銀座駅から徒歩で5分ほどのところにある「志(こころざし)」。こちらでは「ワインに合う和食」がテーマになっているためスイーツに桜を使用したプリンが出されるなど、和洋折衷な食事を楽しむことが出来ます。

無形文化遺産に選出されたことで、日本でも改めて見直されている和食。皆さんもこの機にお気に入りの料亭をみつけてみるのはいかがでしょうか。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

LIVRI公式キュレーターです。Instagramフォローお願いします!

こちらの記事もおすすめです