後ろ姿に注目されそう!バックレースブラウス

皆さんはフロントデザインはシンプルで、バックデザインが華やかなバックレースブラウスを持っていますか。 パンツに合わせても似合いますし、トレンドのガウチョパンツにも合わせやすいという優れものです。 シンプルなデザインのブラウスもバックにレースが施されていると女性らしい雰囲気になります。 白のブラウスが多いですが、淡い色やチェックのブラウスもあります。 背中にリボンが付いているものもあり、可愛らしい印象を与えてくれます。 後ろ姿に注目されそうなバックレースブラウスを紹介します。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

ツイストリボン風バックレースブラウス

1

出典:http://jjjdfwt.imagine0027.net/category2/vgnmg190.html

繊細なレース×ジョーゼットのフェミニンなブラウスです。
ふわっとしたレースのチューリップスリーブが特徴的です。
バックはツイストリボン風になっていて、清楚な印象に仕上がっています。

 

ボーダーキャミ付きバックレースブラウス

1

出典:http://www.magaseek.com/product/detail/id_001247893

バック一面をレースに切り替えたスウィートなブラウスです。
ボーダーキャミがセットで付いてきて、襟元や背中から透けて表情を豊かにしてくれます。
袖をロールアップすることもできて、きらめくデザインボタンを使用しています。

 

ウインドーペンチェックのバックレースブラウス

1

出典:https://shops.aeonsquare.net/shop/g/gA108-2311492223036/

前身頃はウインドーチェックで、後ろ身頃をレースで切り替えたブラウスです。
ゆったりシルエットなので暑い夏でも涼しげに着こなせます。
パンツスタイルでカジュアルに着こなすと似合いそうです。

 

キャメルカラーのバックレースブラウス

1

出典:https://fril.jp/item/0bc49a069d082a1b556da2f5aac2c42a

キャメルカラーとフレンチスリーブが印象的なブラウスです。
前身頃はシンプルなデザインで、後ろ身頃一面がレースになっています。
白のスカートやパンツと相性が良さそうです。

 

バックレース切り替えプルオーバー

1

出典:http://wear.jp/item/3646956/

フロントはシンプルなデザインで、アクセ使いで印象を変えることができます。
バックはラウンド型で、レースが覗くようになっています。
ミントグリーンが爽やかな印象を与えてくれます。

 

バックレーススキッパーシャツ

1

出典:http://wear.jp/item/8760921/

バックにレースが施されたスキッパータイプのシャツです。
後ろ下がりのデザインで、気になる腰周りをカバーしてくれるます。
スキッパーシャツなのでカジュアルな雰囲気で着こなせます。

 

金ボタン付きバックレースプルオーバー

1

出典:http://wear.jp/item/4404750/

前身頃はシンプルで、後ろ身頃は生地が重なるラウンド型になっています。
背中にあしらわれた金ボタンが上品さをプラスしてくれます。
着丈はウエストまでなのでパンツにもスカートにも合わせやすいです。

 

リボン付きバックレースブラウス

1

出典:http://www.locondo.jp/shop/commodity/SSTJ0224D/SA1779EW20755

後ろにリボンが付いていて、360度可愛く見せられる大人可愛いブラウスです。
襟とバックがレースで切り替えデザインになっています。
袖がチューリップ袖なので二の腕を細く見せる効果があります。

 

スリット入りバックレースブラウス

1

出典:http://www.magaseek.com/product/detail/id_001743035-mc_011

フロントはすっきりとしたデザインで、バックにはスリットをデザインしたプルオーバーブラウスです。
スリットからレースがさり気なく覗くようにデザインされています。
ウエスト部分の後ろにDカンモチーフが付いています。

 

花柄バックレースブラウス

1

出典:http://poemstyle.com/SHOP/hdu1504195.html

一見ベーシックなコットンシャツですがバックは大柄のフラワーレースが使われています。
チュニック丈なので細身のパンツと合わせると相性が良さそうです。
前を開けて羽織りものとしても着こなせます。

Tweet about this on TwitterShare on Facebook

このまとめのキュレーター

文章を書く事が大好きです。英語、芸術、音楽、書道、手芸などが得意です。

こちらの記事もおすすめです